マウスピース矯正

当院では、マウスピース矯正を取り入れています。

マウスピース矯正のメリット・デメリット

○外せるので食事がしやすい
○歯磨きがしやすい
○装置を洗うことができる
○ワイヤータイプより痛みが出にくい
○矯正期間中の見た目が比較的良い
○審美性を重視した裏側のワイヤー矯正よりは安価
●適応でない症例がある(大きく動かす場合には向いていません)
●一日の装着時間が長い(20時間程度)
●装着時間が短いと治療期間が長くかかる、または動きにくい
●慣れるまで発音がしづらい

治療の基本的な流れ

①治療相談

相談無料・虫歯や歯周病の治療が必要な場合は保険診療を行う場合があります

②解析を希望された場合

診断の為の口腔内の型取り、口腔内写真、顔貌の写真撮影を行います。
(診断料24000円)

※解析に2週間程度いただきます

③解析結果の説明

治療にかかる期間、マウスピースの数、チャージを提示致します。
この時点で治療を行うかどうか相談することができます。

内容に同意し、治療を希望された場合

④治療開始

マウスピースの作成開始を開始します。

⑤治療中

マウスピース完成後、来院頂き矯正治療を開始します。
一日に大体17時間〜20時間程度装着頂きます。数ヶ月間~
マウスピースを新しいものに交換しながら、歯を動かしていきます

⑥治療完了

マウスピースの交換が終了し、歯並びに納得頂ければ矯正終了
一定期間保定装置を入れて頂きます(初回作成無料)
※歯並びの状態によっては再度マウスピース作成、治療続行となることがあります。(別途費用必要)

タイトルとURLをコピーしました