先週日曜日はオンラインセミナーを受講しました。
今10歳の子供達は、将来107歳まで長生きする可能性が50%程もあるそうです。それを聞くと、とてもじゃないですが子供の頃から大きな虫歯があるようでは、超高齢化時代を健やかに過ごすことは難しくなるでしょう。
失った歯の機能を取り戻す治療法はいくらかありますが、自分の歯に代わるものはありません。今の子供達には是非予防の大事さを理解してもらい、虫歯は小さいうちに治して二度と虫歯にしないつもりでいて貰いたいものです。

糖尿病になると、要介護になるリスクが3.5倍になると言いますが、歯の数が10本以下になると要介護リスクは15倍にもなるそうです。
妊娠中から100歳超えまで、検診をお待ちしております。